繊維系卸業界でUMWELTができること


衣料用繊維を主として日本の産業を牽引してきた繊維業界。近年は、中国が圧倒的な価格競争力で世界シェアを誇っています。


社内DX化機能をオールインワン​で提供するノーコードAIクラウド「UMWELT」では、繊維業界のお客様からのお問い合わせを多く頂いています。


この記事では、繊維業界で求められるDXや、UMWELTの活用メリットをご提案していきます。


繊維業界で求められるDX


価格競争力で中国が台頭する中、日本は高機能ポリエチレン繊維、炭素繊維やアラミド繊維など高付加価の産業用繊維へとシフトするようになりました。


近年の繊維業界では、素材メーカーとの研究開発推進、激動の市場動向に素早く反応するリサーチ力や品質管理・物流最適化、在庫管理コストの削減などが求められています。


需要予測・個品番管理


UMWELTの活用事例として、需要予測があげられます。繊維業界では海外への発注、製造から輸送、倉庫在庫として管理するまでと、入庫までの長いリードタイムが存在します。この長いリードタイムのため、見込み生産や需要を予測した発注を余儀なくされてきました。


繊維業界では需要予測をする際に、エクセルを利用し、過去の販売数に繊維の重みを掛け合わせて需要予測を行うケースが多く存在します。しかし、エクセルでは高度な分析を行うことができません。


そこで、UMWELTでは「個品番管理」と呼ばれる方法で需要予測を行います。実際の販売実績や商品のカラー・サイズのビックデータを取り扱うことで、細かい単位での需要予測が可能です。


現状、既存の需要予測システムは多くはありません。SIer企業が開発しているケースもありますが、料金が高くユーザーがなかなか手を出せないことや、需要予測のデータ分析の難易度が高いことが要因となっています。UMWELTは最小のコストで需要予測を行い、コスト削減や業務の効率化を測ります。


シンプルなコストカット手段を提供


繊維系卸業界では今後、需要予測やトレンド予測によるサプライチェーンの短縮が鍵となると予想されます。


UMWELTを開発・運営するTRYETINGでは、需要予測による、在庫・在庫管理コストの削減やサプライチェーンの短縮など、シンプルなコストカットや効率化によりヒト・モノの最適化を進めていく姿勢です。


この記事を読んでUMWELTが気になった企業担当者様は、ぜひ資料ダウンロード・お問い合わせください。


​自社をDX化してビジネスを加速させる

ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。

​専門のスタッフが全ての疑問を解決いたします。

〒460-0006

愛知県名古屋市中区葵1-20-22 セントラル名古屋葵ビル 4階

HP : https://www.tryeting.jp/

TEL : 052-979-2110

  • Facebook
  • Twitter

©2020 UMWELT